タイムレコーダーの有効性

安価に導入できるタイムレコーダー

タイムレコーダーの中でも、紙ベースでのシステムは比較的安く導入できます。機能が比較的シンプルでネットワークなども組む必要がなく、導入しやすいのです。しかし、その分月間の労働時間の合計時間の算出など、人間が手作業で行わなければならないので、人件費がかかるのがデメリットです。残業管理や有給管理などの作業も経理担当者が行わなければならないため、経理担当者にかかる負担は大きいでしょう。その問題を解決するには後述のクラウド型のシステムを利用するのも一つの手段です。しかし、クラウド型のシステムを導入するには、紙ベースのシステムに比較するとコストがかかるのが難点ですので、あくまでもコストを抑えたい人に紙ベースのタイムレコーダーがオススメです。

勤怠管理システムとはどう違う?

タイムレコーダーも、紙のタイムカードを使用するものの他にもICカードを利用するものや磁気カードを利用するものなどがあります。
また、勤怠管理システムには二つのがイプがあります。一つは「オンプレス型」と呼ばれるシチュエーションに合わせて必要な機能をカスタマイズできるタイプです。もう一つは「クラウド型」と呼ばれます。クラウド型はクラウドにてデーターを集中管理するため、あらゆる処理を自動で行うことができるようになります。
データの一括管理などを行いたい場合には、クラウド型の勤怠管理システムがオススメでしょう。ただし、安価に勤怠管理を行いたいのであれば、タイムレコーダーがオススメです。特に社員数が少ない企業などはタイムレコーダーで十分でしょう。