タイムレコーダーはこんなに便利!!

正確な勤怠管理をするために必要なこと

社員の勤怠管理はお金にかかわることですので、時間や多くの労力をかけて行われていることがあります。勤怠表を紙で管理している場合は、1つ1つ手作業で記入、エクセルに入力していくというパターンが一般的です。ただ、最近では無料で活用できる勤怠管理アプリやソフトが充実しています。ミス入力を減らすことができるだけでなく、データを一括で管理できたり膨大なデータをあとから見直すことも可能です。労力を削減しながらも間違いがなくなりますので、一石二鳥です。さらに残業代計算や休日出勤など割増の賃金に対しても、事前の設定で自動で計算してくれる設定も可能になっています。厄介な勤怠管理を自動でこなしてくれる勤怠管理のシステムは企業の強い味方です。

勤怠管理の一般的な方法

専用のアプリやソフトを導入して一括管理するためには、社員1人1人のタイムカードを作って管理をしていくことが一般的。タイムカードの出勤、退勤をパソコンやスマートフォンのシステム上にデータとして出力して管理していきます。まずはタイムカードを打刻できる管理体制の構築が必要となります。今まで紙で管理していたという場合には、システムの変更に伴う過去データの整理や社員へのシステム変更の通知も必要ですので、事前の準備が非常に大切となっています。システム移行が完了するまでは大変な作業が多いのですが、すべて完了してしまえばあとは自動で勤怠管理ができるシステムが整いますので、長期的な視点からとても便利なシステムとなっています。